« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

クマリ カレー (KUMARI CURRY)

年末にも紹介した近所のインド・ネパール料理屋さんを訪問

実は、前回訪問時、壁に飾ってある布のデザインが大変気に入ったのですが、他のお客様がたくさんいたので写真が撮れなかったのです。

今回は閉店間際まで粘って、最後のお客さんになり、お店の方の了解をいただいて撮らせていただきました。きれいな顔のコックさんも厨房から出てきてくれました

Imgp3503

店名にもある「クマリ (KUMARI)」とは『女神』を意味します。ネパールでは『生き女神』として見出された幼女が「クマリの館」で女神として生活し、「女性」になり、女神を引退するまでその役割を果たしているのが有名で、「クマリの館」は観光地にさえなっています。

だから、インドでも、ネパールでも女の子のミドルネームに「クマリ」が多く使われます。

このお店ではテイクアウトも受けてくれるし、辛さの調節もしてくれます

外国人のお客様も多く、テーブルが6個しかない小さいお店なのですが、いつもお客様でいっぱいです。近所に住んでいるらしいお馴染みさんの白人男性がふらりと一人で来ていたり、南アジアから来たらしい観光客が7~8人の団体で来ていたり・・・お店の中でいろんな国の言葉が聞けますよ。

KUMARI RESTAURANT(荻窪店) 

TEL:03-6303-3911

*定休日なし 

*OPEN:11:00~23:00(ラストオーダー22:30)(平日15:00~17:00は休憩)

Imgp3501

私がたいそう気に入ったこの壁にかけられた布の絵は、「ネパールっぽ~い!」とおっしゃるかたが多いと思います。確かに、インドで有名な細密画よりも絵のタッチも描かれた図柄も庶民的です。でも、インドで細密画が発達したのはイスラム大国家を築いたムガール帝国時代ですから、それ以前の人々や、庶民の生活を描いたこのようなデザインは今でもインドの地方に多く伝承されています。ネパールの図柄に似ているのはやはり近くに位置するインド東北部ですね。

あまり知られていませんが、新潟県十日町にミティラー美術館という廃校を使った美術館があり、インド・ビハール州のミテイラー画を中心にインドの民族美術品が多く展示されています。私にはかなり楽しい所ですよぉ~

|

おサカナさん

035

036

旅行4日目は、4年ぶりの『美ら海水族館』

お客様には「子供に返って、満喫してくださいねぇ 」って言ったが、

私が一番子供に返ってはしゃいでいた

っとおサカナさんに見とれてしまいました

Photo

お客様と敷地内のイベント「国際洋蘭博覧会」も観に行ったが、

見事な蘭の花が勢ぞろいだった。やっぱり花はいいねぇ~

ここが終わったら、お客様とも今日でお別れ。

最後の挨拶なんて、なんか涙が出ちゃいました

いつもそうなんだよねぇ 情がうつるってっていうか、

ベッタリとお客様と一緒にいると、

たくさんの楽しい想い出がよみがえって来て、別れ難くなる。

今回のこの社員旅行中に社長が、

「僕は人が大好きなんだよねぇ~」っておっしゃっていた。

私も同感 私も人が好きだからこの仕事が続けられたと

思っているし、今回の社員の皆さんとの出会いも大事にしていきたいって思う

ずっとの天気予報だったにもかかわらず、

私の「晴れ女パワー」とお客様の念力のお陰で、

に降られることがない、奇跡の4日間だった

私も至らぬ点が多々あったと思いますが、

4日間もこんな私にお付き合いくださった皆様、

本当にありがとうございました

|

イカ墨焼きそば

028

これこれ、『イカ墨焼きそば』

いつ食べてもやっぱり美味しいなぁ って思う

今日は那覇での3時間のフリータイム

お客さんから「首里城に一緒にいかない」って電話をくれたのに、

に気付かずかけ直した時には、「もうタクシーの中だよ」って。

じゃ、牧志の公設市場でも散策しようかな・・・って思い、

一人でトコトコ歩いて出かけた

さっき空港で中華料理を食べたばかりなのに、

やっぱり大好きな『イカ墨焼きそば』を食べずにはいられないよねぇ

って、自分で自問自答しつつ、公設市場の2Fの食堂へ。

メニューも見ずに迷わず、「イカ墨の焼きそば1つね」って

私が注文すると、隣のカップルも興味をそそったのか、

『イカ墨焼きそば』を注文してた

美味しすぎる・・・久しぶりの味に感動した

|

旨そうそう・・・マンゴーパン

026

旅行3日目の昼に石垣島から那覇へ移動

搭乗口で社長とお話して搭乗のアナウンスを待っていると、

今回の社員旅行で最年少のお客様が、

『これ美味しそうだから買っちゃいました

食べてください』って言って私にくれた・・・

確かに旨そうそう(涙そうそう・・・にかけてみた。

言わなきゃわかんないなら書くなって)

東京に戻ってから食べましたが、

硬いメロンパンのマンゴー版でした。

なかなか美味しかったですよぉ

ヌイちゃん、ご馳走さま

|

竹富島は花の島

021

旅行2日目は、西表島・由布島・竹富島の3島巡り

今日も天気予報は

全長17.5kmの仲間川の河口から上流に6.5kmほどかけて広がる

日本最大規模のマングローブ林をクルージング

船に乗るや否や、がパラパラ降り始めたが、

濡れることもなく、水牛車に乗って由布島へ渡る頃には

雨も上がっていた

由布島で昼食をとり、再び西表島から竹富島へ

竹富島は島内をバスと水牛車で観光したが、

のんびりとした時の流れを感じた。

そして、島のあちこちにたくさんの花が咲き乱れていて

心も癒される。静かでとても美しい島だ。

ゆっくりと時間を刻む島の生活も結構いいかも・・・ね

|

春を通り越し、夏気分!!

008

私の担当するお得意様・某社の社員旅行の添乗で

石垣島へ行ってきました

石垣空港に到着したとたん暑い

それもそのはず。本日の気温は27℃

お客様は1枚づつ脱ぎ始め、仕舞いには半袖のシャツに

東京を出た時はがパラついていて寒かったというのに、

東京から2,250kmも南にくれば、

やはり同じ日本とは思えない・・・・

この日の夜はエアコンを入れたまま眠りにつきました

石垣・那覇地方の天気予報は、4日間ともにマーク

しかし、1日目はこの(↑)とおり

あと残り3日間はどうなることやら・・・

|

素敵な心遣い!

湯河原駅で、何気なく見たホームのベンチ

こうゆうお客様へのちょっとした心遣いにすごく感動する

とっても素敵な心遣いだって思う

きっと、お客様は心もお尻も暖かくなるねっ(笑)

Dscn0024

Dscn0025

|

静かなひととき

明治の実業家であり、帝国ホテル、ホテルオークラ、川奈ホテル

などの創立者でもある大倉喜八郎男爵の旧邸を利用した

『旅館山月』というのが小田原にある。

Dscn0019

古くなってはいるが、とても趣があった。

昼間はこの邸宅の1室で珈琲を飲むことができる

とても静かで優雅な時間を過ごすことができるのだ

小田原にお越しの際は、ぜひぜひお立ち寄りください

4月は筍を使った料理(ランチ)がお勧めとのことです

Photo_2 Photo_3

|

東京の雪

2月2日、東京に久しぶりに雪が降りました。

なんか、子供みたいに嬉しくて、

窓から見える景色を思わず写真撮っちゃいました

冬生まれの私は寒いのが大好きだし、

季節で冬が一番好きかも・・・

Dscn0030

_picnik

これからが冬本番 

皆さんもインフルエンザには気をつけてくださいねぇ

|

へびさんケーキ

巳年生まれの義兄の誕生日に「へびさんケーキ」を贈りました。

キャプテンツアーズのお客様で、パティシエの方がいらっしゃいまして、今年いただいた年賀状にのっていた作品のあまりのかわいさに惚れ込んでしまいまして・・・無理を言って時間もないのにオリジナルで「へびさんケーキ」を作っていただきました。

本当に無理言ってごめんなさい・・・

でも、義兄は大喜びで、大満足。

お店から直接送ってもらったので、私は実物を見られませんから、食べる前に写真を撮って、翌朝の出勤前にメール添付で送ってくれました。

Photo_2

左が「ゆずパウンド」で、右が「へびさんケーキ」 

「へびさんケーキ」はしっかりしたバウムクーヘンの上にスプーンとフォークのふりをしたへびさんがのっています。

かわぃぃ~

Chikaさん、本当にありがとうございます

お店のウェブサイトのブログの中でもChikaさんが撮っておいてくださった「へびさんケーキ」が見られます。

軽井沢のケーキショップ「コルリ」さんです。   http://www.coruri.com

|

モヒカンジェット

1969年に就航し、「ANAモヒカンジェット」の愛称で親しまれた機体デザインが、昨年12月1日から20年ぶりに日本の空に戻ってきました。

なつかしぃ~

ANAのウェブサイトでは、「モヒカンジェット」の運行予定便をお知らせしています。

残念ながら、私が利用した便は「モヒカン」ではありませんでしたが、機内限定販売のマグネット(現デザインと復刻モヒカン)を購入しちゃいました。

かわい~ですぅ

Imgp3498

Imgp3499

ANA機内販売価格は500 です。

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »