« かぼちゃナイトクラブ | トップページ | 平城遷都1300年 ~奈良~ 吉野 »

平城遷都1300年 ~奈良~ 平安宮跡

日本の歴史の中で、外国に対して本格的に「首都」と呼称できるのは西暦710年に始まる「平城京」が最初ではないでしょうか。

もちろん、それ以前から主に中国や朝鮮半島の国々との交流はありましたが、豪族としての交流ではなく、一国家として機能を備えての本格外交となったのです。

この平城遷都から1300年を記念して、今年2010年には奈良県各地で様々なイベントが行われています。

なかでも、平城宮跡会場では、平城宮の正門である「朱雀門」や天皇の玉座である『高御座(たかみくら)』が置かれていた「大極殿」の復原、発掘遺跡の展示などが行われています。

朱雀門

当時、平城京の入り口には「羅城門」があり、75m幅のメインストリートである「朱雀大路」を北へ3.7km行くと、この平城宮正門である「朱雀門」。

朱雀門の大きさは間口25m・奥行き10m・高さ22m。・・・実際に下に立つと、おっき~~いぃ

Imgp3581_triming_2

朱雀門から正面奥の大極殿を臨みます。

Imgp3582_30_4

敷地内を線路(近鉄奈良線)が横切り、踏み切りを渡って行きます・・・けっこう電車がたくさん通り、踏み切り待ちが多いんですよ・・・踏み切り狭いし・・・日陰が無くて人が多くて暑いよぉ・・・

今朝、近鉄奈良線でここを通った人が、

「電車の中から見ると、もっと広く見えた。」と言っていました。

平城宮全体で約1km四方。

朱雀門から正面奥にある大極殿まででもかなりの距離があります。敷地全体がかなり広いですし、日陰が少ないので、夏の天気の良い日などにはかなり体力が必要です。

大極殿

大極殿は宮殿の中でも最も重要な建物です。即位の儀式や元日の朝賀には天皇の玉座である『高御座(たかみくら)』が置かれていました。

大きさは間口44m・奥行20m・屋根の高さ27mで、平城宮の中で最大の建物です。

Imgp0966_30_4

天平の衣装に身を包む女性達は『平城京なりきり体験館』で着てきたのだと思います。とってもかわいい  もちろん『体験館』には男性用の衣装もあります。  

・・・この男性は現代人のようですね・・・

内部には高御座も再現され、展示しています。

なんと、この大極殿の復原には、多くの専門家が研究に研究を重ね、9年の歳月を費やして完成させたそうです。

Imgp3597_50_3

Imgp3598_50_2

東院庭園

平城宮敷地の東側の張り出し部分の南半分は皇太子の宮殿があった場所で、「東宮」とか「東院」と呼ばれていました。その南東の端東西60m・南北60mの複雑な曲線を持つ池があり、周囲にいくつかの建物があったそうです。

Imgp3600_30_3

美しい池と手入れの行き届いた庭の木々と花々を楽しみながら、宴会や儀式を行ったことでしょう。

現代でいう迎賓館・・・ですね。

池にはアメンボが泳いでいました。

心地よい風と風に揺れる草木。

現代の都会生活の疲れをも癒してくれるように、当時もここを訪れる仕事に疲れた人々をもてなしてくれていたのでしょう。

上に御紹介したものの他にもたくさんの見どころ溢れる平城宮跡です。

100年に1度しかないチャンス、是非、多くの方に訪問していただきたいと思います。

会場内の移動には、お身体の不自由な方やご年配の方、小さなお子様連れの方の為に、『ハートフルトラム』や『ハートフルカート』が運行されています。(基本的に対象者の方以外には付き添いの方1名まで乗車可。)

Imgp3599_30_3

人が歩くのと同じくらいのスピードで動きます。

ちなみに、私は75歳以上2人と40代2人と一緒だったので、付き添いとして乗車し、40代2人は歩いて行ってトラムやカートの乗降場所で待ち合わせ・・・というパターンで動いたのですが、のんびりと景色を楽しみながら動くカートはいつも徒歩の2人より後に到着しました。

そして、このカート、ナンバープレートの番号がちゃんと『1300』なんですよ

トラムやカートの乗降場所には休憩所やお手洗いも充実しています。

各季フェア期間中は一般の方用の駐車場はありませんので、公共交通機関での訪問が基本です。JR奈良駅や近鉄大和西大寺の駅からは無料シャトルバスが運行されています。(各季フェア期間外は一般の方も会場駐車場を利用できます。)

お身体の不自由な方など、公共交通機関のご利用が困難な方の為には駐車場が用意されています。(要予約/お問い合わせ電話:0570-064-126)

平城遷都1300年祭公式ホームページ: http://www.1300.jp/

|

« かぼちゃナイトクラブ | トップページ | 平城遷都1300年 ~奈良~ 吉野 »

アジアな日々」カテゴリの記事