« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

桃狩り~山梨県~ 

Imgp1203_30

桃狩りに行ってきました。 

一年前から行きたかったの 今年こそは絶対行きたかったの

昨年の同じ日、同じ場所に行ったけど、シーズンが終わっていて、最後の桃を購入することは出来たのですが、桃狩りは出来なかったのです。その時購入した最後の桃がとっても美味しくて・・・もっと早い時期に行けば良いのだけれど、ドライブに連れて行ってくれる運転手さんの会社が休みなのは毎年この日なんですよ・・・

ところがっ 昨年と同じ道を走っていると、『桃狩り』の旗がはためいているではありませんかっ 

Imgp1205_30

でも、行ってみると、すっかり葡萄の季節になっていて・・・やっぱりダメかぁ・・・ って思ったのですが、諦めきれずにお店の人に尋ねてみたところ、『まだやってますよ~』って

桃の畑は少し車で行かなければならない場所にあるそうです。

葡萄も好きだけど、やっぱり桃よっ!

というわけで、サービスしてくれたお店の桃と3種類の葡萄を食べながら、桃畑に連れて行ってくれるのを待ちました。 桃も葡萄もおいし~い

車で細い道を上っていくと、ありました たわわに実る桃ちゃんたちがいっぱい

車を運転してくださった農園の方の話によると、今年の夏はとっても暑くて、8月下旬になっても気温が下がらなかったので、桃の実は枝から落ちずに残っているそうです。

暑いと早く落ちてしまうと思っていましたが、桃は違うそうです。

逆に、葡萄が美味しくなるためには気温差が必要で、暑いままだと枝から落ちてしまうそうなので、これからの葡萄シーズンが心配です。

Imgp1202_30_2

桃の木の下にはビニールシートが敷いてあります。

風などで落ちてしまった熟れた桃がシートの上に落ちていて、つぶれた桃の上を歩いてしまったりすると見事に滑ります。

桃の食感をイメージすると、私は柔らか~い感じがするのですが、日本一の桃の生産量を誇る山梨県の人々は噛んだときにカリカリッとした食感の桃を好むそうです。しかも皮を剥かずにそのままガブりっと噛みつくのが最もおいしいのだとか。

もぎたての桃は『固くて甘い』からだそうです。

自分でもいだ桃を持ち帰り、食べてみてわかりました。

確かに、しっかり熟れていて、太陽の甘さとでも言いたくなるほどに甘くて美味。でも、歯ごたえがあって、カリカリしています。 (・・・皮はむいて食べましたが・・・)

おいし~ぃぃぃ  

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »