« 草津良いとこ 一度はおいで・・・♪♪ | トップページ | 天皇陛下のお散歩コース »

フランス人に生き血を採られる!?

Photo_6

『富岡製糸場』を初見学してきました(*^ω^*)ノ彡

富岡製糸場は1872年に明治政府が日本の近代化のために

最初に設置した官営模範器械製糸場です。

レンガという西洋の新しい技術を取り入れながらも

木材をふんだんに使用し、屋根は瓦で葺くなど、日本と西洋の建築技術を

見事に融合させて建てられた素晴らしい建物です。

又、建物は操業当初の頃のままの状態で良好に保存されています。

Photo_7

何故に群馬県富岡市なのか・・・

富岡付近は養蚕が盛んで生糸の原料の繭が十分に確保できること、

工場建設に必要な拾い土地が用意でき、製糸に必要な水が既存の

用水を使って確保できる、近くでは燃料の石炭が採れ、外国人指導の

工場建設に地元の人々の同意が得られたなどの理由から富岡に

建設が決まったとのこと。

ところが、工女募集の通達を出しても、なかなか人が集まらなかった。

人々がフランス人が飲むワインを血と思い込み、

「富岡製糸場に入場すると外国人に生き血を採られる」という

冗談のようなデマが流れたためだったそうです

デマのせいで当初の予定よりも3ヶ月ほど遅れて操業が開始された

ということでした。

今、『富岡製糸場』は世界遺産登録に向けた活動が着実に進んでいます。

この素晴らしい建物は一見の価値がありました

|

« 草津良いとこ 一度はおいで・・・♪♪ | トップページ | 天皇陛下のお散歩コース »

こんちゃんの本日も晴天なり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス人に生き血を採られる!?:

« 草津良いとこ 一度はおいで・・・♪♪ | トップページ | 天皇陛下のお散歩コース »